誰がこの記事を書いているの?
熟女

美魔女の実態や出会う方法に迫る【美魔女増加中】

美魔女好き
美魔女好き
最近熟女でも年齢が若く見える美魔女が増えているような気がする。。。街を歩いていても綺麗だなーと思える年配の女性は多い。。。美魔女とめっちゃ出会いたい!

どうも!同年代や年下には全く興味がなく、熟女しか愛せない乳ノ輔です。

あなたは街中を歩いていると熟女でも綺麗な人が増えていると感じませんか?

昨今は美に対して意識が高いアラフォー、アラフィフの女性は増えており、今後も美魔女は増え続けると思います。

熟女好きだったら美魔女を見ると思わず振り返って2度見をしてしまいますよね。

そんな美魔女を見ると若い女性よりも全然良いと思う男性もかなり増えているのではないでしょうか。

そこで今回は美魔女の実態や出会う方法について迫っていこうと思います。

美魔女とは?

あなたは美魔女とは単純に綺麗な熟女と思っていないでしょうか?

それは正解でもありますが、美魔女とは2009年頃にファッション誌が作り上げた言葉です。

美魔女の定義として35歳以上のアラフォーからアラフィフで才色兼備を備えた女性のことを条件としているそうです。

2009年以降はテレビや雑誌で美魔女という言葉が頻繁に取り上げらため、世間に広く認知されるようになりました。

乳ノ輔
乳ノ輔
2010年以降は毎年美魔女コンテストが開催されているみたいです。ファイナリストともなると本当に綺麗な人が多いです。気になる方はググってみてください。

美魔女の特徴

美魔女は実年齢よりも10歳以上若く見られることも少なくありません。

本人もそれを自覚していることも多いため、若くあり続けるために美に対しては人一倍以上に気を使っています。

具体的には評判の良いエステに行ったり、トレーニングを行ったり、化粧品を研究したりして日々の自分磨きは欠かせません。

そのため、綺麗な美魔女ほど非常にストイックといっても良いでしょう。

ストイックでなければ年齢を重ねた女性が美を継続することが難しいため、一種のアスリートに近いかもしれません。

なぜ美魔女は増えているのか?

「え。。。この人っていくつなの?」
「20代の女性より、全然綺麗だ。。。」
「やばい。。。抱きたい」

街中で美魔女を見ると男性は思わず上記のようなことを思うの僕だけではないでしょう。

昔は女性がアラフォー、アラフィフ世代だと「頼れるお母さん」や「おばさん」という印象が強かったですが、今はその世代の方でも綺麗な人は20代の女性に全く引けをとりません。

むしろ、20代の若い女性よりも綺麗なアラフォー、アラフィフ世代もたくさんいます。

昔になぜ美魔女が少なかったというと化粧品が今よりも種類が少なかったり、そもそも美に対する意識があまりなかったからです。

しかし、美魔女ブーム元年である2009年頃からTBや雑誌等のメディアで美魔女である芸能人やモデルが多く取り上げられるようになります。

そのメディアを見ていたアラフォー、アラフィフの熟女が

「私達も綺麗な美魔女になりたい!」

という意識が芽生え始めて、美に対する意識が変わり始めたのです。

それ以降はバリバリに働くキャリアウーマンの増加、インターネットの普及等もあって美魔女が増加する要因は増えています。

特にインターネットが普及したことは美魔女増加の大きな要因となっています。

今のアラフォー、アラフィフ世代の熟女はスマホを使いこなしているため、簡単にに自分の好きな情報にアクセスすることは可能です。

そこで有名な美魔女が綺麗になる方法をWEBやSNSで余すことなく公開していたりするため、それを見たアラフォー、アラフィフ世代の女性が感化されていくケースは非常に多いです。

例えばインスタ等のSNSでは美魔女が使っている化粧品やトレーニング方法までも紹介されているため、真似をすることが容易です。

乳ノ輔
乳ノ輔
僕はインターネットの発達や女性の社会進出で10年後、20年後は今以上に美魔女は増えると確信しています。いやー最高ですね!

美魔女と出会う方法

ここまでは美魔女の実態をご紹介してきましたが、実際に美魔女と出会うにはどうすれば良いのでしょうか?

正直、普通に生活していても美魔女と出会うのは困難です。

美魔女と身近な場所で出会う方法はジム、習い事、職場、ナンパ等が挙げられますが、どれも現実的ではありません。

これらの身近な場所で美魔女と出会っても美魔女が既婚者で今の生活に何も不満がないかもしれませんし、彼氏がいるかもしれません。

そのため、運よく美魔女と出会えたとしても男性との出会いを求めていないこともかなり多いです。

また、そういった場所に好みの美魔女がいるとも限りません。

そこで身近な場所での美魔女との出会いが難しいとなればインターネットの出会い系を使うことがオススメです。

しかし、世の中には出会い系はたくさんありすぎてアラフォーやアラフィフ世代の女性の登登録者数が多い出会い系サイトに絞って使うことがオススメです。

アラフォー世代以上が多い出会い系サイトは僕も利用しているPCMAXです。

PCMAXの会員数は2019年5月の段階で1300万人が登録しており、出会い系の中ではトップクラスにアラフォー世代以上の女性登録者数が多いです。

PCMAXの評判や口コミについては下記の記事を参考にしてください。
⇒PCMAXの評判と口コミを見てみる

出会い系に登録している美魔女であれば少なくとも男性との出会いを求めて登録しているため、アプローチ次第では出会える確率は非常に高いです。

出会い系初心者の方は相手をいきなり美魔女と判断することは難しいですが、相手のプロフィールを見ていくうちにある程度は判断出来るようになってきます。

美魔女の場合はプロフィール写真を載せていることも多いので好みの美魔女を見つけることも出来るでしょう。

まとめ

以上、美魔女と実態と出会う方法についてご紹介してきました。

今回の記事をまとめると以下になります。

  • 美魔女とは35歳以上のアラフォーからアラフィフで才色兼備を備えた女性
  • 美魔女は美の意識が高く、ストイック
  • キャリアウーマンの増加、インターネットの普及により、今後も美魔女は増える
  • 美魔女と出会うのであればアラフォー、アラフィフ世代が多いPCMAXがオススメ

僕は仕事の関係で過去に東南アジアやヨーロッパに行きましたが日本ほど美魔女が多い国はありません。

アラフォー、アラフィフ世代が好きな人からするとこんなにうれしいことはありません。

これからも日本で美魔女は増え続けるため、アラフォー、アラフィフ世代の女性が好きなあなたもぜひ一度は美魔女と会ってみてはいかがでしょうか?
⇒PCMAXの評判と口コミを見てみる

ABOUT ME
乳ノ輔
乳ノ輔
熟女大好きな愛知県に住んでいる乳ノ輔です。年下や同年代に全く相手にされないので熟女しか愛せなくなってしまいました。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
熟女好きのあなたに伝えたいこと

アラサーにして頭頂部の薄毛・ちょいデブ・不細工と3重苦を抱える僕が月に1~4人と熟女との出会いに利用しているメインサイトはPCMAXです。

PCMAXは2020年現在で1400万人以上の会員数を誇り、30~50代の熟女の登録数が最も多い出会い系サイトとなります。

上記画像のようにPCMAXの利用目的がセックスフレンドという熟女は非常に多いため、

「とにかく性欲盛んな熟女とセックスしたい!」
「熟女をセフレにしたい!」

という方にはまず登録してほしいオススメの出会い系サイトとなります。

PCMAXは登録するにあたっては電話番号確認と年齢確認が必要です。

これは不正登録を防ぎ悪質な利用者を登録させないために大手出会い系サイトでは当たり前にやっていることなので必ず行いましょう。
⇒PCMAXの登録方法についてはこちら

PCMAXは熟女の登録者は多いですが、若い女性に比べて人気がないです。

そのため、僕のような薄毛・デブ・不細工とコンプレックスをお持ちの方でも熟女であればセックス出来る確率は非常に高いです。

PCMAXに登録している男性は20代の若い女性に群がっているため、必然的に熟女の人気はなくなります。

人気のない熟女は擦れておらず、アプローチしてくる数少ない男性と気軽に出会ってくれるため、若い女性と比べてもセックス出来る成功率が非常に高いです。

  1. プロフィール検索or掲示板で熟女を検索する ※プロフィール検索での利用目的はセックスフレンドにチェックはマスト
  2. 検索して出てきたあなた好みの熟女にメッセージを送る
  3. 熟女のラインやメールアドレスを聞く


上記のことをやるだけであなたは多くの熟女の連絡先をゲットして早ければ1週間以内に、好みの熟女とセックス出来るかもしれません。

また、熟女は一度セックスをすればセフレにもしやすいです。

なぜなら、先程もご紹介したように熟女は出会い系で若い女性に比べて需要が少なく、若い女性のようには次の男性を見つけるのが難しいからです。

今ならPCMAXに無料会員登録するだけで熟女に20回分のメールを送れる1,000円分のポイントがついてきます。

乳ノ輔
乳ノ輔
若い女性は厳しいですが、熟女であればこの無料ポイント分だけでセフレに出来ちゃう可能性もあります!

PCMAXは無料で登録できるうえ、ポイントももらえるため損はしないです。

あなたもPCMAXでお好みの熟女をセフレにして今の悶々としている現状におさらばしませんか?
⇒PCMAX公式サイトから無料会員登録をする(R18)

⇒PCMAXの評判と口コミを見てみる